子どもの頃に読んでもらった本を、今もまだ子ども達に読み聴かせ続けている母。

知っていたけど、改めて知ったと思ってしまうようなボロボロ度合い。

  

なんでこんなところに愛情を感じてしまうかなぁ?σ(^_^;)
子ども達に読んでいるのに、私にも愛情を感じるから不思議だ。

おはなしの中身なんて、全く覚えてないのだけど、枕元の灯りの下で本を読む母の影は、薄れない記憶。

この人は「私の母」なんだ。
こんなに大人になったけど、私は「この人の子ども」。

    

「ここがいいっちゃん」と中表紙を開き、ネタのように見せてくる。

そこに掴まっていたのは…

  

私でした!笑
そうね、だから感じていたのだな(*^^*)