日本の伝統建築には、痛んだ部分だけを補修することができる技術があります。

ここ松山城においてもその技術が其処此処に見られました。

これも長持ちする理由の一つです。

今の家づくりでは、プレカットと言った工場で加工される材で建てられることが多く、こういった手刻みでしか出来ない建築技術は、なかなか引き継がれにくくなっています。

しかし、手刻みだからできる長寿命住宅や自然素材住宅に、私たちは少しずつ大切なことを気付かされています。

知ることから始まる、そして選択する力を身につける。先人の教えに耳を澄まして。