住まいのお勉強を初めませんか?

群馬校

「住まい方」が、人の心と体にいかに大きな影響を与えるかというテーマを持ち、住教育を進めていければと考えています。
私は、看護師として30年ほど医療に従事してきました。出生から臨終まで携わってきましたが、何年も続けているうちに、家族のあり方に対する考え方が徐々に変わってきたことを実感しています。また、ここ数年、古民家再生協会との関りを持つようになり、「住まい方」と「人の心身の健康」の大きな関連に気づかされました。
 ひと昔前までは、自宅で息を引き取ることが当たり前だったような気がします。現在ではほとんどが病院での臨終です。*今のコロナ渦では臨終に家族が立ち会うこともできません。施設入所される方も、本当は家に帰りたい、家で最期を迎えたいと話される方々もいらっしゃいます。その最後を迎える家が、ビニールクロスや合板の工業製品まみれの家ではいけないと思っています。簡易的な造りの家の中にVOCだらけの建材、それを補うように機械で空調を管理する。こんな家の中で生活することで、無意識のうちに生き物としての身体能力や人間としての精神活動を手放す結果となる気がしてなりません。同時に年々進化する便利さも問題なのではと思います。例えばデジタル・バーチャル化を優先した生活では筋肉の衰えが加速し老化が早まります。映像情報だけでは五感の刺激は得られません。
 日本という国は、工業製品で家を造ることで経済は成長し、豊かさを得ました。また技術の発達により、簡便さも向上しました。しかしこういった環境での生活を続けることで、失ってしまったものの方が多く、逆にそちらの方が大事なのではないかと考えるようになりました。こういった意識を持って「住まい造り」から「住まい方」を考えていきたいと思います。
学校長 石原 恵子
学校名 群馬校
学校長 石原 恵子
住 所 群馬県伊勢崎市市場町1-2-3
連絡先 TEL:0270-50-0820  FAX:0270-50-0821

お知らせ

  • お知らせはまだありません。

授業のご案内

住まい方について

住まいについてのさまざまな選択肢のメリットとデメリットを学び、自分にぴったりな住まいやリスクヘッジについて考えます。

2021/4/22
( )
住育とは

子育てに良い住まい環境や、住育の知識から老後を楽しく過ごす方法などについて考えます。

2021/5/20
()
100年持つ素材

次世代にまで引き継げる家づくりのため、100年持つ素材や、構造材と健康の関係について学びます。

2021/6/24
()
100年持つ家づくり

現存している古民家について学び、長持ちする家づくりに活かせる知識を身に付けます。

2021/7/22
()
お金の話と間取りの話

住まいを手に入れるための資金計画や、家庭を明るくする間取りについて学びます。

2021/8/26
()

住育学校お申し込み

    お名前 *必須

    フリガナ *必須

    ご住所

    電話番号 *必須

    FAX番号

    メールアドレス *必須

    受講講習選択
    第一回 住まい方について第ニ回 住育とは第三回 100年持つ素材第四回 100年持つ家づくり第五回 お金の話と間取りの話
    その他自由記入欄

    個人情報の取り扱い *必須
     プライバシーポリシーに同意する

    ご不明点などは下記までお問い合わせ下さい。 TEL 03-6275-0796

    PAGETOP
    Copyright © 住育学校 All Rights Reserved.