いろはにほへと ちりぬるを…

その先を知らなかったことに気付きました!

「わかよたれそつねならむ」だって。
ひらがなで書くとよくわからないけど、何となく良い香りがするので調べてみた。

ほら。

   色は匂へど 散りぬるを わが世誰そ 常ならむ 
有為の奥山 今日越えて 浅き夢みじ 酔ひもせず

綺麗。

47文字を1文字づつ使って、こんな意味深い歌ができるなんてスゴイ!

あいうえお と出来たのはそう変わらないとされているけど、いろはを使った先人達は、やはり日本人ならではだ と感じます。

そして、建築技術もこうして継がれてきたんだな。。。
遠い昔の棟梁と、想いはきっと変わらない。