今年度前期 第2回の講座を2019年5月19日に八女市の新築作業現場にて開講しました。
今回は「長持ちする家づくり」を題に、家づくりに携わる職人の声を直接聞ける機会を設けさせていただきました。

家づくりを学ぶと言っても、「木」のことだけではありません。
壁や屋根、設備、敷物など、どれにおいても私たちの生活に関わることです。

それぞれに選択肢は様々あるし、知ってるようで知らないんじゃないか、その道の拘りの職人さんから話を聞きたい!
できれば一堂に介して、一つの家となるような話ができたら・・・長く思っていたことが叶いました。

知らなければ選べません。
知らずに選んでしまっているおかしなことがあるかもしれません。
知ることで私たちの暮らしは、とても豊かになることにも気付きます。

また今後も家を持とうと思う方たちに、ぜひもっと知る機会を提供していけたらと思います。

職人さんの手仕事と出来上がるまでの工程を身近に見ることができました。

質問、疑問も生で答えてもらえました。

おうちの梁って、こんなに大きいんだね!

中身の比較ってなかなかできないから興味深い。

終の住処を日本と決めたご夫婦。奥様の通訳でご主人も熱心に参加させました。

本畳の良さ、メンテナンスを聞くと当たり前のことを思い出しました。

屋根も家の重要なポイント。維持費にも大きく関わります。

家に拘ると言っても見えないところも思案が必要。「設備」の話も身近でした。

家の「木」と人の「気」は、やっぱり似ている。棟梁の住まい手を想う心。

職人さん方々にも学びの機会。

自然乾燥させた地域材と構造材に古材を利活用した手刻みの持続可能な循環型住宅。

お施主様のご協力あってこその開催です。ありがとうございました!

次回の住育学校は、
第三回「知っておきたいお金の話」
6月16日(日)13:00~15:30
八女市民会館おりなす八女 にて開催します。
ファイナルプランニング技能士から資金計画の立て方、考え方を学んで豊かな暮らしを身につけましょう。
>> お申し込みはこちら