日本の家づくりでは主に木造住宅を消費者は選んでいます。

「木の家」の良さを実はみんな知っていて、自然素材に憧れを持っているのは確かだと思います。


なのに、なぜか今の住宅は、木造住宅でありながら工業製品というのが大半です。


自然のものなのに「高い」イメージがあります。それは不思議なことです。

クロニカ/プロに聞いてみた



木のことを知り、木を扱う人の想いに触れると、本当のことが見えてきます。

それは、住まい手が家づくりを始めるにあたり、一番気付くべきところだと思います。