東京にて総務省が運営する移住・交流情報ガーデンでのセミナー講師を務めさせていただきました

福岡県より「ふくおかよかとこ移住セミナー」として、住育学校で行っているテーマの中から①『理想の家を考える・住まいの選び方』と②『空き家をリノベーションするには』をテーマに要請いただき、事例を交えお話しさせていただきました。
また、座談会では住教育カードゲームも。
田舎暮らしに憧れ、移住を希望する人は増えており、行政もそれぞれに力が入っています。地域が活性していく気運を感じます。
移住希望者には、空き家をリノベーションして暮らしたい方が多いそうです。参加者に伺うと、古民家に興味がある方ばかりで、この施設も古民家風ではありませんか。
古民家が見直されています。
伝統構法の古民家をきちんと次の世代へ繋げていくべくお話をさせていただきました。
帰りには、古民家鑑定士の勉強をしたいという方も。
空き家について、住教育の必要性もご理解いただきました。