古民家などの大きな梁を見て、その迫力に息をのむことがないだろうか。

粘り強く、油分の多い「松」は、湿度の高い日本において住宅の横架材によく使われてきました。

松山を訪れた際、見上げるほど高く、造形も立派で見惚れるような松に目が留まりました。

虫害より、日本の松は減少したとされ、今では赤松や黒松などの地松は希少となっています。

今の家づくりで使われる松は、ほとんどが「ベイマツ」で、ベイマツとは「米松」、つまりアメリカ松が使用されています。

家を建てる際、できればその土地に合う材を選びたいものです。

四季があり、温暖湿潤な日本の気候では、乾燥した国で育った木を使うより、その土地の気候風土で育った木を使う方が、長く持つ丈夫な家となることでしょう。

地産地消と言ったもので、住まいもそうあるべきだと思います。

市内を巡っていても、九州で見るより立派な松が多く、そんな会話をしていたら、「やから”松山”なんやろ」と。

あ、そうか!